昨日、生産地の方から電話がかかってきました。
Facebook Messengerの電話機能でしたが、ホンマに通話品質完璧でした・・・

本当に話しやすかった。びっくりです。すごい時代ですね。ありがたいです。世界がより良い形でつながることが、何より望むことです。

怪しい紛争の続くこの世界を見ていると、政治の権力にあずかるより、何よりも草の根の交流が一番の平和の親善大使だと痛感するので、民間の交流が一番真実に近く、大切に思います。

さて、それはともかく、電話越しに、今年も樹を植えるって話を聞きました!

今年は~これまた3年間かけて相談を続けてきた「庭先にチウリを植える作戦」です。

作戦ってほどでもないですが、これまで森の険しい斜面に植えてきたので、今年くらいは庭先の目の届く範囲に植えたらどうかって話です。だいたい3年はかけて実現していく気がします。

いいですよね。軒先だと、庭に巣箱を置いても、巣箱のすぐ上にチウリが咲いてたら、ミツバチにとってもラッキーだろうし、人にとっても木陰は何より憩いの場ですし。何より庭先って、近くていい!
土砂崩れも軒先からストップ!!


今年は、40世帯ほどが、軒先に5本ほど植える作戦ということで、合計は200本くらいですね。

いいじゃないですか~♪素敵です。こうして、生活の一部に自然と植樹があるなんて、素敵すぎます。

話を聞いて心が潤いました。本当に、こうして地道に活動をされている村の養蜂家の皆様に感謝です。


今、日本も梅雨ですが、梅雨って、インド洋から水分を含んだ風が上がってきて、ヒマラヤにぶつかって偏西風になって日本に届くわけなので、

ネパールも雨季ですし、日本も梅雨。要は、チウリに当たった風が日本にも届いています~♡