今月は、またインタビューをしていただきます。(2件ほど・・・・)

しかし、ありがたいはずの新聞などのメディアに数回利用していただくたびに、自分のことが嫌になる症候群に悩まされ、ひどくなっています

ハニールネッサンスは、私がクローズアップされても意味がなくて、現地の人の姿を映し出したいのですが、どうしても取材を受けると私の写真もと言われてしまいます。

私なんて映っても仕方ないし、映りも悪いから、記念に残りたくない、そんな気持ちがどんどんと積み重なって、最近は取材を避けたくなっています。

ということで、今月は不安です。また自分の姿が残ってしまう・・・・


って、なんでこんなに自分が嫌なのでしょうか(笑)
人はどこまでいっても、心に何重も積み重なって引っかかってしまうものがあるもので、困りますよね~~~~~~

でも、取材は断れないです。だって、ミツバチのことを書いていただけますし、養蜂家さんたちの活動や努力についても伝えていただけます。。。

できれば、こうした機会を無駄にしないよう、自分のことを好きになりたいものです。

晴れ晴れとして青々とした夏の自然の美しさに目をくらませながら、憂鬱なハニーハンターでした。