日本で今、蜂蜜による0歳児の死亡事故が報道されています。

思うと悲しくて、しばらく哀悼の意を表すことも、ブログなどの場では軽く見えたらいけないと思い、書くこともはばかられていました。しかし、出来事に対し、心から哀悼を示し、このブログを整理させていただきたいと思います。

ボツリヌス菌による感染症は、蜂蜜販売者ですと必ずラベルに「1歳未満の子供に与えないでくください」と書いてはいるのですが、知らない方もおられますので、とても注意が必要なところです。

土壌に住む細菌と言われており、 腸内細菌がまだ十分に整っていない0歳児の場合に症状発生の危険があるとされています。

症例は統計のある昭和61年以来、日本では初めてということのようです。 
実際の発症はまれであるとはいえ、0歳児の子供は控える必要があるため、気を付けてほしいのです。


赤ちゃんは、生後、この世で生きていくための免疫を母親の母乳から得るとされています。
ですので、0歳の間、できれば母乳をしっかり与えていただき、生きていく強さを身に着けられるよう、大切に育てていただきたいと思っています。
 

ハチミツは、赤ちゃんを除けば、体にとって非常に有用な甘味料です。
ぜひ、 適切な年齢から、健康のため、おいしくお召し上がりいただけるよう、声掛けも頑張りたいと思います。

今後、悲しい思いをしなくて済むように、ハニールネッサンスとしても手に取っていただく人に、より分かりやすく伝えていければと思います。

ハチミツ専門店としては、今回、お子様をなくされた親の気持ちを、しっかりと心にとめていきたいと思います。 ブログの場やインターネットの場で、こうして書くのはつらいものでしたが、少しでも気持ちを共有し、ハチミツについて気を付けて伝えていきたいと思います。