amazon-forest-copallin

大変お待たせいたしました。

ペルーから、はるかな旅路を経て、ようやくオンラインショップにAmazonian Honeyがデビューいたしました!

ペルーは、今回Copallinという、アマゾナス州の森の地域からです。


販売元は、Shiwiという、自然環境の循環に適合した食材をとりあつかう社会的企業様から。

蜂蜜など、アマゾンの森を守りながらとれる食材は、Conservamos por Naturalezaという自然保護NGOが現地での取り組みを促す活動をしています。 

ここで、Copallinの場所をご案内いたします!
copallin-map
ペルーから少し赤道方面へ進んでエクアドル国境の近くにアマゾナス州があります。
その中の、小さな町の森に近い地域がコパリン。コパリン地域の写真は以下!

photoframe-copallin


場所はペルー国内ですが、首都リマからはバスで一日、飛行機で行けば、州都チャチャポヤスに到着後、川を数時間わたって、森の中に入っていった場所にあるということ。

ここで、環境破壊に危機感を抱いた住民たちが、自分たちの土地12haを私設自然保護区として管理する事に決めたのです。そして意識的に有機農業を始めとした持続可能な暮らしを実践しており、養蜂は、森での持続可能な暮らしの実践の一つとなっています。

このような活動を支援しているのが、ペルーの現地環境保全NGOである、Conservamos por Naturaleza。ホームページもかっこいいのでぜひご覧ください。→HPはこちら

そして、このNGOと協力関係を持ち、森の人々の生産する環境循環に適合した作物を販売しているのが、現地の社会的企業Shiwiさん。このShiwiさんはまた、女性たちの華やかで地球を大切にする愛がみなぎる会社で、本当に素晴らしいのです。ペルーでとっても有名!→HPはこちら

生産者から協力NGO,そして販売店まですべてが「地球を愛する人々」で構成されているパワフルな組織となりました。そして、ハニールネッサンスも地球を愛し、この蜂蜜をお届けすることになりました。

ShiwiやConservamos por Naturalezaを教えてくださり、現地とのタイアップまでつないでくださったのは、現地在住の日本人、志保さんという方でした。

やり取りを開始し、さまざまなペルー産ハチミツを味わい、議論を重ね、そこから可能性を探って、もう2年以上経過しました。そしてこのたび、日本で初めて、誇るべきペルーの素晴らしい蜂蜜を入荷することができました!

味比べを行い一つ言えたことは、ペルーの蜂蜜は、ネパールと同じように、非常においしいということ。個性がありながらも、迷いやくもりのない、深く彩り豊かな味わいのある蜂蜜を生み出す国です。
 
今回仕入れたこの蜂蜜は、アマゾンの森から来た蜂蜜で、Amazonian Honeyと命名いたしました。
命名はShiwiさんから、いただきました。そして、ラベルデザインは、現地のデザイナーさんによるものです。Shiwiのロゴを冠して、ペルーの誇りを発信します!

c-amazon300g


ラベルには、アマゾンの豊かな森の、みなぎるエナジーが詰まっています。

蜂蜜の味わいは、なんと「オレンジ」のよう。

さっぱりとしていて、アマゾンの森の勝手なイメージと少し違った、とってもクリアな味。
後味は少し複雑で、森の生態系を存分に想像させてくれますよ。

もちろん現地直送で生蜂蜜。

結晶タイプをお選びいただくと、産地直送の生蜂蜜になります。
液体タイプをお選びになりましたら、蜂蜜屋さんが慎重に低温で溶かしたものになります。
こちらも、生蜂蜜としての機能はしっかりしていますので、食べ方に合わせてお選びいただければと思います。 

ハニールネッサンスのアマゾニアンはちみつの販売ページはこちらです。
ぜひ、ご堪能いただければと思います!

もちろん、蜂蜜の購入は、持続的に現地の生産者の生業の後押しとなり、それは環境保全とつながっていきます。このような経済活動を意識的に行いながら、地球の豊かさをぜひ守っていきたいです。 

ペルーは国土の2/3がアマゾンの原流域の山脈と森です。
この土地を守ることは、ブラジルまでずっと広がっていくアマゾンの大地の栄養や水の流れを守ることにつながり、南米の生命の循環をつなげていく重要な場所となっています。

ハニールネッサンス アマゾンの蜂蜜販売ページ